時間が空いたら自分でツボ押し♡ツボの場所教えます!

人間にはツボたるものがいーっぱいあるのご存知ですか?

まず、ツボとはなんぞや?

経穴 (けいけつ) とは、中医学、漢方医学、経絡学の概念で、体内の異常に応じて体表の特定の部位に対応して現れるもので指圧、鍼、灸で刺激を与えることで体調の調整、諸症状の緩和を図るものである。 一般には「ツボ」とも呼ばれる。Wikipediaより

ようはツボを刺激して健康に♡ってことですよね。

女性特有の不調だったり、誰にでも起こる不調だったり、疲労だったり、

そんな時に少しでも自分で緩和出来たらいいと思いませんか?

そりゃあんまりヒドければすぐに病院へ行くのが一番いいのかもしれないけど、

ちょっとした不調ってよくありません?

ツボってすごいんですよ。本当に効果があるから。

でもある一説によると、ツボを押したこと自体よりも、思い込み?のような信号が

脳から送られるために不調が緩和されるという説もあるけどね。

どっちにしても、不調が治れば何でもいいです😅

全部ご紹介するのは大変なので、よくある症状の場合のツボをご紹介☝️

頭痛 吐き気 肩こり 後頭部の凝り

風地(ふうち)

耳の後ろのでっぱった骨と、首の後ろの中心との中間の位置。

髪の生え際で、少しくぼんでいるところ。

肩井(けんせい)

首を前に倒した時に出る骨と肩の関節とのほぼ中間のあたり。

足のむくみ 疲れ

三陰交(さんいんこう)

内側のくるぶしから上に10センチくらい上がったところ。骨の際にあります。

湧泉(ゆうせん)

足の裏のほぼ中心。かかとの方から指で触っていって最もへこんでいるところ。

不眠

失眠(しつみん)

足の裏のかかとのほぼ中央。

労宮(ろうきゅう)

手のひらのほぼ中央。

冷え性 生理痛

三陰交(さんいんこう)

内側のくるぶしから上に10センチくらい上がったところ。骨の際にあります。

関元(かんげん)

おへそから10センチほど下がったところ。

ちょっと紹介しただけでもこれだけあるんです!すごいですねー💦

他にもまだまだまだまだまだまだありますよ。

海外で生活していたとき、よく中国式マッサージに行っていたんですけど、

中国語しか話せないマッサージ師のおばちゃんに、

「あんた、ここ固いから胃が疲れてるよ!」とか、

「あんた大変だ!身体が冷えてるから温めるように!」

これ、すべてジェスチャーで説明してくれたんです。笑

たぶん、この解釈で合ってたと思います😅

あー、中国人ってすごいなー。さすが中国三千年の歴史だなと。

マッサージ後はすこぶる調子が良かったですもん♡

それからツボに興味を持ったのでした。

私は頭痛持ちで、寝不足や気圧の変化とかですーぐ頭痛に😱

そんなときは、風地(ふうち)のツボをぐいぐいと押してます。

力加減は、痛くない気持ちいいくらいの強さがいいみたいです。

中国式マッサージは気持ちいいの通り越して痛かったけど💦

今はいろんなツボの本も出てますよ。

ネットでも調べられるけど、やっぱり本が一番見やすいです👍

ランキングに参加してます。ポチッとお願いします♡🙏
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 美容ブログ 40代女磨きへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする